2015年7月12日日曜日

延三観光夜市

DJ 19的台北夜市ガイド
ようやく折り返し地点。
そのあと予定している
新北(ニュー・タイペイ)は、
まだまだ先になりそうです。
ただ、今回紹介する延三観光夜市の
最寄駅である中和新蘆線の大橋頭站、
次の台北橋站はもう新北。
橋を越えたいところですが続けます。
1番出口方向のエスカレーターを使って上り、
途中で左手に地下道が出てきますので
一番上まで行かないように。
ここを出ると目の前から延三夜市がスタート。
しかし今までとは・・・。























一般的にイメージする夜市は
屋台が連なって、人がいっぱい。
でも、ここは、道路の両側に
ポツンポツンとお店が点在し、
しかも車がビュンビュン走ります。
最初は「本当に夜市?」となりますが、ハマります。
何故なら、地元民が普通に通う感じのお店が多数で、
しかも古いお店も多いんです。
まず先程の出口から出て
最初に見えるお店に早速立ち寄りましょう。



















1965年創店の台北橋頭鯊魚煙(鮫のスモーク)。
これをワサビに付けて食べます。
燻した煮こごり的。
このお店、20時に終了と
他より早いので、お早めに。




















そのまま隣の大橋頭大腸煎に移動。
メインの大腸煎と燒雞腿を注文。
2軒続けて大当たり。
この夜市のレヴェルの高さを
物語っていると思います。


















そのまま直進すると周胖子水果。
立ち寄って飲み物を。






















また直進し、次は杉味豆花に
INしたいところですが、
隣の施家鮮肉湯圓に。
看板メニューの鮮肉湯圓が
モッチモチで美味しいのなんの。
プラス焢肉飯。




















で、杉味豆花に戻って豆花です。
ここ昔ながらの味で大好きなんです。
一番最初、この通りを流して
良さげなお店をマーキングし、
このお店に入ろうか悩んでいたら
並んでた地元のお母さんに
「美味しいから絶対食べないと。
あと、1碗頼むと冬瓜茶10元よ」と
言われ入ったのが最初。


















さて、また直進しますが、
涮涮(しゃぶしゃぶ)のお店と
このサインが見えたら、
お店が圧倒的に少なくなります。
時間がない人はここで信号を渡って反対側へ。


















一応、突き当たりまで行くと、
こういう看板が出ています。


















信号を渡り反対側を流してみましょう。
旗魚新竹米粉や他にも気になるお店、
盛り沢山。あとは各自お好みで。
次は、臨江街観光夜市(通化街夜市)。