2016年5月6日金曜日

淡水 PART 2

淡水続き。この地のローカル・フード、
阿給は、日本語の揚げの発音に近く、
由来もそこにあるそうなのですが、
厚揚げに、春雨などを詰め込んだ
名物料理、残念ながら激ウマとはいえず、
ここでは割愛させていただきます。




















で、代わりに阿香蝦捲を紹介。
漢字の通り、エビが入ったもので、
食べ歩きには最適です。




















淡水老街には、日本でいう駄菓子屋的な
お店もあって(河岸にも)
台湾で日本の昭和を感じるかも。
で、もっとローカルなエリアへは、
坂を登ると傅統市場があります。




















この果物屋さんの隣が入り口。




















雰囲気抜群ですね。地元の人としか
すれ違いません、当たり前か(笑)。




















では、もう一回、河岸へ向かい、
船に乗って対岸の八里へ渡ります。




















悠遊カード(EASYCARD)が使えて便利。
反対側へ来ました。目の前はこの風景。




















右手の花枝焼、大行列なんですが、
まぁ特記する必要もないので割愛。
ちなみにイカについてのメモ。
魷魚という表記だとスルメイカ、
花枝だとコウイカ、と覚えて下さい。




















散策してちょっと黄昏てみましょう。




















そして、再度、淡水に渡ります。
最後の目的は、黒殿飯店。




















名物の帶骨豬排飯を食べます。
これだけ食べに何度も行きました。
スウィーツもオススメありですが、
またの機会に改めます。
最後に、淡水のマップには、
英専路が夜市との表記がありますが、
紹介するほどでないので割愛します。