2017年2月14日火曜日

活気のある源流へ

過日の派生編に対し、今回は根源編。
大通りから1つ奥に入った角に、
地元の人に長く愛される居酒屋が。




















すぐ満杯になるんですが、
この日は1人ということもあり、
入り口すぐのカウンターに着席。




















まず、芳泉たる酒(370円)から。




















そして、名物牛スジトマト煮(210円)。
そうなんです、ハーフで注文出来ます!





















活気ある店内が最高のBGMで、
そのままガツ刺し(330円)。




















白コロホルモンをタレで(150円)。




















意外に甘口だったので、
生ビール・中(500円)で喉を潤し、
ハムカツ(1枚・120円)追加。




















もっとゆっくり飲みたいけれど、
入れなくて帰る人もいるので退店。
こういう比較も、たまには面白いですね。