2017年11月23日木曜日

国道駅の風景

最近は、ただ飲み歩くだけでなく、
ツアーを組んだ際には遊郭跡地も巡り、
自分の周りに同好の仲間を増殖中。
この日も、川崎遊郭のあった南町を探訪。
その話はまた別の機会に改めます。
そして、南武線の八丁畷駅へ向かいます。




















JRの高架下は既にいい雰囲気。
が、京浜急行の改札はあるのに、
JRの改札がどこにも見当たらない・・・。




















地元の方に聞くと、京急から入り通り抜け、
その上でJRに乗り継ぐとのこと。




















しかも、無人駅で単線。凄いなぁ。
で、この電車に乗ってある場所へ。




















乗り換えの浜川崎駅、終焉感が!
しかも、南武線から鶴見線への乗り継ぎ、
駅舎が違うので、いったん改札を出ます。
が、無人駅なので勝手が分からず、
普通にSuicaを通してしまったのですが、
これが原因でちょっとした悲劇を。
その顛末は最後に書きます。
京浜工業地帯の風景を眺めながら、
目的地である国道駅に到着。




















勿論、無人駅。時間が停止しています。




















映画のセットかと見紛うばかり。
実際、色々と使われているようです。
ざっと見渡した光景がこちら。




















ここは本当に横浜なのでしょうか。
そして、駅名にある国道15号線まで。
するとこういう感じの標識が。




















さて、このノスタルジー感を
もっと味わいたいという人には
まだ営業している居酒屋があります。




















いい雰囲気なんですよね。




















しかも、名前が国道下。直球です。




















最後、ホームに行く前に高い所から。




















さて、本来、通さなくていいとこをピッ、と
してしまい新たに乗るときにエラー。
が、降りた先も当然、無人駅。
インターホンで処理法を確認した際、
うっかりスマホの1台を置き忘れ。
旅の途中でないことに気付き、
ポケットから出したタイミングを考え、
その駅に戻ったところ、ありました。
乗降客が少ない時間帯なのが幸いしました(汗)。