2018年2月16日金曜日

生ホッピーが飲みたくて 3

引き続き生ホッピー・ネタを。
年末にいっぱいで入れなかったので
予約して改めてやってきました。




















地元密着の愛すべきお店です。
なので、店頭で持ち帰りも。




















着席の際には2代目の大将が
ジャケットをハンガーラックへ!




















テーブル横の渋いストーブが○。




















店内の雰囲気だけで良店と分かるので、
表記のないメニューも多いですが、
そこは気にせず、ガンガン攻めます。
まず、全員生ホッピー・白から乾杯!




















ピーナッツがお通しとして供されます。




















食事は定番のガツ刺し(350円)から。




















着席時、紙に串物のオーダーを
本数、たれ or 塩で注文しておいて、
まずやってきたのがこちら。




















シロとつくねは2本ずつたれ、
カシラ、タン、ナンコツ、レバーは塩。
すると、ここから大将の怒涛のサービス。




















まず、煮込みが来ました。3人分!!





















生ホッピー・黒を2人先行してお代わり。




















するとポテトサラダもサービスで到着。
サービス満点なのは知っていますが量が!




















こちらも気分がすこぶる良いので
生ホッピー・ハーフ2つに、後追いの黒。
厚焼きたまごもオーダーします。




















生ホッピー・ハーフを2人でお代わりし、
手羽先を塩で追加。ちなみに焼きは
3代目が担当しています。安泰ですね。




















満足度が高過ぎてつい長居し、
ハシゴの1軒目としてはあり得ない
スタート・ダッシュとなったのでした。
大将との集合写真も撮っちゃいましたが封印。