2018年4月25日水曜日

魚介中心に全方位で立ち呑み

「Edge Of The World EP」は絶賛発売中!
さて、お鮨屋さん系列のお店で、
昨年すし酒場から業態変更した
立ち呑み屋さんへ入店。




















焼酎のガリサワー(350円)で乾杯。




















ちなみに、メニュー表には
焼酎ののガリサワー、と印字され、
冗談なのかと思い聞いてみたら
単なる間違いだそうです(笑)。
で、魚介系が豊富に揃っているので
どれにしようか悩んでしまいます。




















まず、ふぐ皮ポンズ(250円)。




















お値打ち価格で嬉しくなります。
店内を見渡すと、「おしぼり 50円
だって立ち呑みやですから・・・♡」と
書かれていたりユーモアも満点。
目の前にあるおでんの出汁が黒くないので
大根(100 円)と牛スジ(220円)を。




















続けて、肉厚ハムカツ(380円)を。




















本道から逸れたので軌道修正し、
魚を中心に戻ろうと島ずし(580円)。
こちらが時間がかかるというので、
レモンサワー(290円)にチェンジ。




















黒板から、のどぐろ刺身(380円)を選択。




















いやー、旨い。日本酒を欲しいと思った瞬間、
飲友が正鵠を得て、日本酒をオーダー!!




















すると数ある日本酒の中から
沢の鶴(380円)という謎チョイス(笑)!
ここで、ヅケにし、わさびの代わりに
洋からしを使ったという八丈島風島ずし。




















時間が掛かったのは系列店から
持って来てもらったからなんですね。
生レバー刺しも気になったのですが、
今日は入荷がないとのことで、
入荷がわかるようお店のLINEに入りました。
ちなみに、生レバーは羊だそう(涎)。




















次回に持ち越して、中おち(250円)を。
ちょっとの立ち寄りのつもりが、
立ち呑みにしては少し長居したようです。