2018年5月31日木曜日

常連さんが集うもつ焼

この日は、ハシゴ・ツアーをしたものの、
解散後、もう1軒行きたくなり、
15年くらいずっと気になっていたこちらへ。




















入り口が2つある外観がそそります。
中も、年季のある味のある佇まい。




















まずこのエリアならではのハイボール(330円)。




















ウイスキーのを想像したなら下町修練、
まだまだ足りてないかもです(笑)。
豆が一緒に供されましたが後で逆算したら
サービスのよう。そうでなくっちゃ!!!
で、もつ焼は2本ずつのオーダーらしく、
テッポウとガツをタレで(各:100円)。




















旨い。下町クオリティはハンパない。
入店時、あきらかに余所者を見る目で
常連さんが一斉に僕を振り返り緊張しましたが、
あっという間に会話の中に混じっていました。
そんな感じで、居心地が良くなってきて
ハイボールのお代わり。カウントはキャップで。




















続いて、もつ焼だと時間がかかりそうなので
すぐに出てきそうな豚耳(250円)を。




















ネギ辛いですが、 ハイボールが流してくれます。
ダンディお父さんとの会話を楽しみに
毎日通う常連さんに加われたらと願い退店。
躊躇せず、もっと早く攻めるべきでした。