2018年6月27日水曜日

牡蠣105円の衝撃

さて、札幌で立ち呑みを幾つか攻めたのですが、
その中でも絶品だった2つを紹介。
まずは、牡蠣が105円(税込)のお店。




















こんな感じで通るたびにいっぱいです。
今の季節はいいけれど、真冬、
雪の中で飲るのもまた良さそうです。




















外の看板に厚岸産カキ105円!!と。
以前、都内で同様に生と焼きが100円のお店、
紹介したことがありましたが再びの衝撃。
で、外で軽く飲りたかったのですが、
中の座れる席が1つ空いたのでそちらへ。




















ちなみに写真は誰もいなくなった状態。
そう、かなりの狭小店なんです。
支店も出来たんだなぁと店内を見ながら
まずは、キリン一番搾り樽詰(500円)。




















それと、座りだと値段が違うでもなく、
何か特別なルールがあるわけでもなし。
メニューはこちらの通りで牡蠣推し。




















僕の前に注文していた人は8個もひとりで!
つまり、個数制限がないということ。
アルコールのグラスが小さい分、
牡蠣が本当に出血大サービスなんです。




















目の前でこのように焼いています。
結果、生カキ2個に焼カキ2個をオーダー。
すると届いたのがこちら・・・




















「焼カキ、一個サービスね」とのこと(笑)。
チュルチュルっと食べたら結構お腹一杯。
蒸しカキまで辿りつけませんでした(泣)。
で、お会計は最後なんですが驚きの920円。
これは必須の立ち呑み(今回してないけど)だ!!