2015年8月15日土曜日

楽華夜市

DJ 19的新北(New Taipei)夜市ガイド
2回目は楽(中国語では樂)華観光夜市 。
前は永和楽華観光夜市という名前だったので、
地元の人は単に永和夜市とも呼びます。
永和の名前、たぶん、台湾通の方は
色んな所で目にしているハズ。
というのも、豆漿は、ここ永和の有名店、
世界豆漿大王が広めたので、
豆漿のお店の名前に永和の地名を
入れていることが多いんですね。
今回は夜市とは反対側なので写真のみ。




















中和新蘆線の頂渓站下車。
1番出口からが近いですが、
道路を横断するのが嫌な人は2番でも
(逆に世界豆漿大王は2番と表示
してありますが、同じ理由で逆でも可)。
地上に上がって左に進み続けると、
右手にこんな看板が。





















それではツアー開始です。
入り口にいくつか地元の人に
人気のお店がありますので
気になる人は立ち寄りましょう。




















最初に向かうのは営業時間が
3時間(18:30~21:30)の
無雙牛肉というお店。
路地にあり分かりにくいので、
左側にあるこの看板を目印にし、
奥へ進みましょう。





















味のある店舗だけでなく、
お父さん(お爺ちゃんか)も
素敵です。看板通り牛のお店で、
セレクトしたのは以下。






















乾拌牛肉片、涮牛肉片湯、
乾拌牛肚牛百頁の3つです。




















メインに戻って進みます。
ここで、二手に分かれますが、
まずは道なりに。左手に、
人気店が2つ並んだコチラを
発見します。迷わず入店し、
両方でオーダーします。






















まずは、好吃雞肉にて油雞と雞油飯を。
これにて以前南機場夜市
紹介した雞肉飯的になりました。




















もう1店舗、有名な阿國蝦仁羹にて
お得な綜合羹を。メインの蝦仁羹に、
花枝羹と土魠魚羹、つまりエビ、
イカ、サワラがセットで堪能出来ます。




















先に進みます。ここまで来たら終わり。
戻ります。




















もし、羹が気に入り、お腹に余裕があれば、
三鮮羹で有名なこちらもどうぞ。
台南スタイルも味わえます。








































今度は、先程の二手に分かれた道を
右手に進みます。




















終わりまで来たら交差点を右に。
するとすぐに、行列の永康公園
生烤雞腿を発見出来ると思います。




















永和なのに永康? はい、実は昔、
永康街でお店をやっていて、
今は地元であるこちらで再開したのです。




















鳥肉の色んな部位を中心とした
バーベキュー・タイプ。




















さて、一応、おおまかに
ざっと紹介してきましたが、
新北の夜市の特徴は、台北よりも安く、
観光客もなく、地元民が普通使いしている
感じがとても居心地いいのです。




















次は、南雅夜市に向かいます。
こちらもオススメです。