2022年12月8日木曜日

19BOXAL067

年明け2023年度、第1弾となるリリース、

19BOX RECORDINGS19BOXAL067、

『Essence - Solace Sessions』を紹介。




























前作『Essence - Intuitive Sessions』から

約1年の時を経て、『Essence』シリーズが

再び冬の装い『Essence - Solace Sessions』

として登場です。今回は、異例となる6曲の

新作を収録しています。特にレーベル初加入の

PENTEXは映画的サウンドのニュー・ジャズや

ドラムンベースを展開する4曲を提供してくれ、
























レーベル・レジデントのGENUINE FAKESは、

今後シングル化も期待されるニュー・ディスコな

装いの2曲を提供して、全11曲をパッケージ。

























1/20にbeatport先行(他では2/17)発売!!

2022年12月7日水曜日

中華居酒屋にて餃子

坦々麺推しながら基本豚骨以外のラーメンは

全く興味がないので情報が目に入らずも、

以前紹介したこちらのお店をトライした後、

中華居酒屋という文言が気になったお店へ。






















別エリアにも店舗があるお店のようですが、

前回に通った際に気になった品を求め、

改めて曜日を確定して訪問(理由は後述)。






















まず、キリン一番搾り・中瓶(500円)。






















そして、いつもの儀式にて準備をして待ち。






















実は、日を選んだのは火・木・土曜は

餃子(100円:本来200円)のため。






















が、食べてみると・・・ある疑念が少し。

値段もですが、皮が厚いし、モッチリ感が

店員さんである中国の方の作るイメージと

異なるため、次の焼き餃子(450円)待ち。






















するとこちらは香辛料が効いてビールに合う。






















最後、お会計の際、水餃子について問うと、

自家製ではないとのことで納得、しかし、

焼き餃子がいい感じだったのでプラマイゼロ。

お会計は1050円。次回は自家製を確認し、

そちらだけを攻める方向でトライしたい。

2022年12月6日火曜日

台湾家庭料理で絶品餃子を

台湾出身の方が営む餃子が店名に入る、

台湾家庭料理のお店を見つけてトライ。






















ランチのピーク・タイムが過ぎていて、

お客さんはゼロだったのでゆったりと。






















大江さん時代の『モヤモヤさまぁ~ず2』に

出たこともあるそうで、サインもいっぱい。

まず、サッポロ中瓶(550円)にて乾杯!






















するとサービスでキムチが供されました。






















こういうのがいいですね。女将さんも超絶

フレンドリーでホッとします。餃子店で

お通しを出すお店は論外なので有名だろうが

行きませんが、自家製豆板醤がまず最初に。






















で、まずは三鮮水餃子(350円)が先に。





















 

水餃子用のタレも別途に、皮が厚めです。

そこまで特徴的でないかなぁと思うも、

続く焼き餃子(400円)は、見目麗しい。






















羽根も小麦粉に酢と卵が入っているらしく

このままで美味しい。そして具の方も抜群。






















特に自家製豆板醤を付けるとさらに倍増。





















満足していると、ランチ民ではないのに

サービスで杏仁豆腐が各自に。嬉しい。

お会計は1300円。次回は居酒屋使いで。

2022年12月5日月曜日

小倉で熱々の鉄鍋餃子

引き続きPARK LIMITED MUZIKのPLM070、

ELGONE「Fragment Of Metamorphosys」は

絶賛発売中です。まだの方はお早目に!!!

さて、先月、今週は餃子WEEKと書いたものの、

結果、1日で実現しなくなり繰越しで再度。

ということで、今度は小倉で鉄鍋餃子を。






















近いエリアで3店舗あるんですがやはり

総本店・・・11時から通し営業なので、

ピットイン。赤い暖簾に漢字ではなく、

鉄なべと記すあたりは以前のコチラと酷似。






















ランチも一段落した頃なので貸切状態。






















まず、生ビール(664円)と九州なので

愛のスコールホワイトサワー(500円)を。






















メイン前に止めるも飲友が酢もつ(455円)。























やはり餅は餅屋。飲友が少し後悔し(笑)、

仕方ないのでいつもの儀式で待ちます。






















来ました、鉄なべ餃子(618円)2人前です。






















今や福岡を代表する料理の1つとなった

鉄鍋餃子ですが、実は北九州が発祥の地。

スナック感覚でパクパクいけちゃいます。

発売もしている特製のラー油と合わせると、

僕の甘いスコールは少し選択ミスでしたが、

お会計は3140円。オリジンの店は改めて。