2022年1月12日水曜日

石川由来の新鮮な海鮮食堂

石川県の穴水で民泊を運営されていた方が

場所を移して昨年9月末にオープンした

食堂を謳った居酒屋を兼ねたお店です。





















そのため石川県穴水産牡蠣を打ち出し、

現在、夜は予約のみの営業だそうで、

ランチに入店。メニューは1種類のみ。






















まず、黒ラベル・中ジョッキ(450円)。






















神津島熟成さしみ定食(1000円)を注文。

全部石川でなく、こちらは東京なんですね。

最初に、金目鯛、イサキ、ハチビキの

4・5日熟成したという刺身に明太子入り

パスタサラダに、デザート的な柚子が。





















見目麗しいだけでなく白身の旨みを引き出し、

いいツマミになります。そして売りの牡蠣、

かきたま汁にライスが付いてセット完成。





















牡蠣は小ぶりだけど揚げたてでサクサクです。






 















新鮮を意味する方言を冠した海鮮食堂は、

看板に携帯番号とLINE IDを載せており、

今どきなのにまだ自己発信してない模様。

ということで穴場です。お会計、1450円。