2019年6月19日水曜日

19BOX161チャート情報

早速嬉しいNEWS。その内容とは・・・。


























現在、beatportにて先行配信中である
PROGRESSIVE HOUSE TOP 100 RELEASESで
いきなりの41位初登場。是非ともお願いします。


2019年6月18日火曜日

19BOX161先行発売

大まかなデモはだいたい2時間くらいの
勢いで完成させないと忘れてしまいがち。
ということで、RGさんばりのあるある的に
HDには途中で止めていた楽曲がたくさん。
普段は新しくゼロから作る方がいいんですが、
こういう楽曲はコラボ用に作っていたりし、
自分でも忘れていてサルヴェージした上にて
完結するよう合間に仕上げたりしています。


























閑話休題。19BOX RECORDINGSの常連、
beatportにて先行配信が開始しました!!!


19BOXでの3rdシングルとなるこの曲は、
美しいサウンドスケープによるプロッグ。
2ヴァージョンに加え、アルゼンチン出身の
ARIEL LANDERが、長年のパートナーである
OOSFERAとのタッグによるリミックスも収録。
他では7/15の発売なのでお早めにどうぞ!!


2019年6月17日月曜日

奇跡の地元密着スーパー呑み

こんなパラダイスが東京には存在するのか、
思わず狂喜乱舞してしまう奇跡の角打ち
目的地は、駅から少し歩くのですが、
その道中にデカ盛りで有名なレストランや、
ジュークボックス専門店もありつつも
全部スルーし、川を渡って土手そばのお店へ。




















雰囲気がハンパありません。総合食品、
つまり地元密着のスーパーなんです。




















中には、お肉屋さんと魚屋さんもアリ。




















そのまま奥のお酒売り場に進んでテーブルへ。




















奥にサーバーがあるので分かるように
生もあるんです。ということで各自選択。




















僕はキリン 本搾りチューハイ レモン、
飲友はアサヒスーパードライ 中ジョッキ
(380円)にて久々の再会に乾杯!!!




















で、こちらのお店の特筆すべき点は、
店内のものなら飲食出来るだけでなく、
ホワイトボードにあるように鍋などもアリ!
悩みますが、魚屋さんも併設してるし、
赤貝の刺身(390円)をオーダーします。




















旨い。実家の食卓で食べているかのような錯覚、
またお店の方々もフレンドリーなので、
早い時間なのに気持ち良くお酒も進みます。
最初は行くのを躊躇し「すぐに帰りましょう」と
言っていた飲友が「今日はここでいいです」と
前言撤回するくらいの居心地の良さ(笑)。
で、各自アサヒスーパードライ 中ジョッキ。




















他に何かないか店内を散策している中、
お惣菜のコーナーで1品選ぼうとしていると
「今から焼鳥出来るけど、いる?」との
お父さんから素敵なお言葉、乗ります。




















出来立てのねぎま(80円)をセレクト。




















で、持ってきたお父さんと喋っていると
大竹しのぶさんの母校にもお弁当を卸すなど
色々な裏情報を訊くことが出来ました。
また、飲友が福岡から来たことを伝えると
「今まで最高は大阪だから記録更新だね」と。




















そういう訳で、飲友からの素敵なギフト。
僕が日本一好きなラーメン、丸幸が、
オリジナルや通販のように無化調とは
いきませんが、高い再現度でした。
さて、お会計は最後にレジで纏めてです。
歩いてでも行く価値のある。合計1840円と
楽しすぎる飲めるスーパーだったのでした。

2019年6月15日土曜日

PLM049 PREVIEW

先週軽くお知らせしたお遊びプロジェクト、
LOOPY LOOP!名義での4thシングル、
PLM049となる「ILU」の追加情報です。


























これまで数え切れない名義を使いましたが、
ソロでDJ 19以外では初となる名義にて、
TODD TERRYがレイヴを纏ったテックハウス、
軽く聴けます。PHUTUREFUNKなサウンドを
6/24にのbeatport(他では7/22)発売まで、
GENUINE FAKESことSOTA S.名義での
リミックスとご一緒にお愉しみ下さい!!!!

2019年6月14日金曜日

大阪的愉快な狭小角打ち

本日は大阪の数ある角打ちから1つを。




















右側は店舗兼事務所の様相なので、
暖簾があって中が見にくく知らないと
通り過ぎる感じの左側へ躊躇なくIN。
小さいL字の狭小立ち飲みスペースに
既に先客の先輩がお二人。右手にある
澤之鶴と書かれた黒い扁額が歴史を感じます。
まずは、ホワイトボードと睨めっこ。




















で、ビール中ビン(350円)をアサヒにて。




















長く通われる常連さんと大将の話が面白く、
いつの間にか話の輪に混ざっていました。
特に大将というかお父さんは漫才師みたい。
話だけはでなく、実際のアテが欲しくなり、
目の前に並んだ小皿、値段が分からないけれど、
お寿司を(あとで逆算したら300円)。




















お父さん、常連さんとガブガブ飲み進め、
こちらも楽しくなってきたこともあり、
同じグラスワイン(500円)に相乗りします。




















にしても、角打ちをやっている酒屋さんは、
売るのが商売で飲めない人も意外と多いんですが、
こちらのお父さん、ずっと飲んでます(笑)。
ただ、営業時間は18:00から21:30なので安心。




















別の常連さんらが入ってきた頃合で、
狭い店舗なので退店。いい空間でした。
出張の度に来る常連さんがいるのも納得!

2019年6月13日木曜日

スカイツリーの麓でマルエフ

快晴の午後、旨いビールが飲みたいと、
立ち寄ったのは12時からやっている角打ち




















右側が酒屋の店舗、左側が角打ち。
スカイツリーが近くにあるので、
まずは外で一杯やることにします。




















アサヒ生 マルエフ(300円)です。




















隅田川ブルーイングも生でありますが、
やはり最初はマルエフ一択でしょう。
前身の大阪麦酒社が1900年に発売した
商品をルーツとするピルスナータイプの生。
水のように一気に飲み干したので店内へ。




















その都度払いなので一回入店していますが、
店内はこれでもかとアサヒ推し!!!
乾き物以外に色々楽しめることもあり、
アサヒスーパードライ 中瓶(340円)を。




















こちらを相棒に、マカロニサラダ(150円)。




















店内は、昨年10月に建て替えのため綺麗。
しかも、昔やっていた角打ちを復活で、
スペースも確保したそう。創業明治16年!




















ということで、お母さんの話を肴にし、
新聞紙に包まれた限定品のこちら、
埼玉は矢尾本店の秩父錦 甕口酒(260円)。




















昔、この近くにとある場所があったことから
酔っ払いが多く利用していたのが嫌で、
しばらくやっていなかった角打ちも復活し、
今やスカイツリーの麓で昼から飲める幸せ!




















ちなみに、店舗のものを飲むなら缶・小瓶は
追加で持ち込み料50円を支払う形です。