2018年9月19日水曜日

潮風を感じ青空の下で飲む

TONY ROMANELLOの「Dextrous EP」
引き続き絶賛発売中! お早めにどうぞ!
さて、天気がいい日を待ち望んで海へ。
といっても、勿論、泳ぐわけありません。




















駅側に向かって撮った写真ですが、
反対側はもう海に通じています。
そこに、ポツンと屋台のような空間が。




















町内会の宴会のように楽しげな雰囲気。
青空の下で食べれる嘘のようなお店です。
しかも営業は16時からの4時間のみ!




















最初、先に飲っていた常連の先輩方の
邪魔にならないよう焼き台の横に陣取り、
ウーロンハイ(500円)から開始。




















串も白もつ、鶏もも、ねぎま、かわ(各110円)。




















が、煙が目にしみるので席を移り、
常連さんらと相席に。お邪魔します!




















一部雨よけのスペースもありますが、
昔ながらの蚊取り線香がテーブル下に。
で、ここで椎茸が全員にふるまわれました。




















MENUに5品しかないので悩んでいると
常連さんが書いていない品々を教えてくれ
その中から、てっぽう(110円)を追加。




















常連さんとの会話も楽しくなり、
生ビール(500円)で少しの延長です。
潮風を感じる最高のロケーションですが、
雨が降った日は傘を差しながらの強者もいるそう。
難点は、近場の公衆トイレしかないので、
女性は近所の人じゃないと厳しいかも。
ただ、冬は冬で風情があるそうなので、
また違う季節にお邪魔したいと思います。




















退店前に、お母さんの笑顔をパチリと。
お会計は最後に。1550円でした。

2018年9月17日月曜日

PLM044発売

一斉発売となりました。ので、その情報を。


























PARK LIMITED MUZIKに初参戦した
カナダはモントリオールのテック・ハウサー。

























「Dextrous EP」は、まず疾走感溢れる
エナジェティックな表題曲「Dextrous」に、
“Consciousness”のヴォイス・サンプルをメインに、
フロア映えする感染的なシンセが交錯する
ダーク・トラック「Relentless」という2曲入り。


spotify,  iTune,  amazon etc

ANTON KURT「RLR」も控えています。
まだの方はお早めに。PARKは年内あと2作!!


2018年9月15日土曜日

19BOX150

1999年の設立以来、ジュークボックスで
永遠に鳴り続けるようなタイトルを
リリースし続け、次で19BOX150に。


























その作品は、DJ 19名義での「Vigilance」
過去のPHUTUREFUNKスタイルとは異なり、
デトロイト・テクノの影響下にあるサウンドに。

















いつもと異なるサウンドということもあり、
リミキサー陣も違った感じに配しました。
まず、ECHODUSTの片割れでもある
ギリシャのWALL BROWNはディープに。


















また、初登場となるENNO KARRは、
BREAD N BUTTAとONE LESS OF THEMで
19BOXに貢献しているプロデューサーによる
テクノ寄りなサウンドの際の名義で、
ピアノを活かしたリミックスに仕上がっています。
10/1にbeatport先行(他は10/29)発売!

2018年9月14日金曜日

噺家のいる古典酒場?

結論から言います。遂に桃源郷発見。
そのお店は、妙正寺川の近くに。




















夏は15:30から営業しています。
外からの佇まいだけで3杯飲めます!




















店内も、冷房がなく自然の風がメインで
扇風機も廻っていますが雰囲気で間違いない。




















では、まずウーロンハイ(300円)を注文。




















カウンター上にコップをセットし焼酎を。



















ゆっくり流れる時間を愉しみながら乾杯!
ツマミ、まずは銀だら煮魚(380円)から。




















追加の料理を考えて黒板を眺めていると
オクラのおしたしとの表記を見て江戸を体験。
で、選んだのはサッパリな天サラダ(250円)。




















クーラーなしで50年営業する重みを感じ中。




















店内にいる全員の常連さんとの会話が弾み出し、
「食べてみな」とおすそ分けが。いいなぁ。




















また、大将の噺家さんのような喋りも最高で、
更に独特の引き笑いでお酒が進みお代わりします。
そのとき、常連さんから「ハイオク飲んだ?」と
謎のワードが飛び出たので、乗ってみます。




















酒場では郷に入れば郷に従えがモットーなので
何か分からず注文してみたらこちらが。
見た目、麦茶ハイみたいなんですが、
麦焼酎を麦茶で割る、隠しコマンド、ハイオク。
確かにガツンと効きますが、そのあとお代わりも。




















最後、記念にと撮らしてくれた大将、73歳!
近場に住んでいれば毎日通いたくなる酒場です。
で、僕がハイオクにヤラれたのか分かりませんが、
帰宅の途に就こうと歩いていると置き忘れた
サングラスを持って常連さんが届けてくれました。
本当に、居たお客さん全員に感謝です。
ちなみに、モツは毎週火曜日のみの扱い!!