2018年12月14日金曜日

たこ焼きハシゴの旅 PART 2

過日の続き。同じエリアにまだあります、
たこ焼きで飲めるお店が。こちらは12時から。
実はもう1店舗が同じ路線上にありますが、
値段はこちらが少し安い設定になっています。




















上は表の線路沿いからの写真です。




















そして、こちらは裏側にある出入り口で、
僕がよく通ったもつ焼きのお店がすぐ裏手に。
こちらはカクテルもあり、Bar的な使い方もOK。
勿論、チャージやお通しなど無粋なものはなし。




















で、ピンクグレープフルーツサワー(300円)。
飲めるお店なのでメニューも豊富なんです。




















ですが、ここはやっぱり、名匠たこ焼(380円)。




















先程より大きいんですが、ふんわり軽い。




















このエリア、実はタイ料理屋さんを兼ねた
11時からやっているたこ焼きのお店もありますが、
行ったら何故かお休みのようで次回に改めます。

2018年12月13日木曜日

たこ焼きハシゴの旅 PART 1

先行配信中です。お早めにどうぞ!!
さて、思ったより打ち合わせが早く終わり、
でも、ランチ営業が終わってる・・・
お店がない、なんてことはあると思います。
そんな時に通し営業で飲めるお店のリストを
スマホのメモから呼び出したのがこちら。




















移動しても無問題。3路線乗り入れているから
意外にスムースに行けて便利なエリアです。
下町なので、もんじゃ焼き使いも多いけど、
この日に思い付いたのは、たこ焼き飲み。
ということで、11:30から営業してるこちら。




















そうなんです。飲めるたこ焼き屋さん!!!




















メニューも粉物だけじゃないので重宝します。




















まず、チューハイ(300円)で軽くスタート。




















座っているカウンターの前に貼られたポップに、
ここまでこだわりと言われちゃもう頼むしかない。




















ふわとろたこ焼き・ソースマヨ(350円)です。
小振りだけど、いいツマミになります。
ちなみに、ホワイトボードにはこんなものも。




















ふわとろたこ焼き、またはカリッと揚げたこに、
モッチリいか焼き、またはおむすびせんべいが
セットになった店名のランチ(500円)を発見!!
大将に、モッチリいか焼き(250円)を
追加したいけれど、セットになるか確認すると
11:30-15:00の時間内だったのでOKでした!




















ということで、塩気が効いて酒に合う味!
もっと食べて飲みたいと思うもいい案が。
そこで、セルフの麦茶でリセットしお会計。




















税込800円と持ち帰りの出来るお店は良心的。
居酒屋的たこ焼き屋さんの大将、関西出身でなく、
3年住んでたとのこと。ご馳走様でした。
ということで、たこ焼き飲み、続きます。

2018年12月11日火曜日

PLM046先行発売

2018年のPARK LIMITED MUZIK
締めくくるタイトルが本日、と言っても
日本時間では今日になりましたが、
beatport先行で発売。のでその情報を。


























フランスのSTÉPHANE HUBERTによる
ソロ・プロジェクト、ELGONE名義で
PLM046として登場。2曲入りのファンキーな
テックハウス・トラックでフロア仕立て!


F COMMUNICATIONSでの活動で知られる
ELEGIAからスタジオ・スキルを学んだという
プロデューサーは、表題曲「Guide Light」で、
畝るようなベースにスタッブが印象的、
続く「Dancing World」はエナジーをキープし
リズミックに。他では年明けの1/7発売!


2018年12月10日月曜日

角打ち宝庫のエリアにて

ここのところ攻め続けている市には、
幾つか角打ちが密集しているエリアがあり、
ここもその中の1つ。この酒屋さんは
ちなみに朝から飲れるというパラダイス!!




















左側が一般売りのコーナーです。




















右側の暖簾で隠れた場所が秘密の部屋。




















このエリア、調べても情報がないお店が多く、
歩いていて他にもカラオケを完備した
居酒屋というかスナック寄りの角打ちとか発見。




















小窓から店舗側も仕切るお父さんに
ビール・大瓶(400円)を注文します。




















ゆっくり飲って常連さんらと世間話。




















小さいカゴに入っていた乾き物から
ザルに盛ってくれてたこちら(55円)を。




















辛いけど、ビールがグイグイ進みます。
いやー、今度は早い時間から攻めて
このエリアの角打ちを掘り起こさないと。

2018年12月8日土曜日

19BOX154 PREVIEW

2ndシングル「Topology」です。その続報。


























続くシングルが19BOXのSOUNDCLOUD
軽く聴けるようになり、アルゼンチン出身の
ベテランDJ、ARIEL LANDERによるリミックスも
12/17のbeatport先行配信(他は1/14)まで
こちらでしばしお楽しみ下さい。間もなく!

2018年12月7日金曜日

生ホッピー追加でツッコミ増

ゆっくり1軒で飲んで食べたいという
僕の普段の飲みのスタイルからは真逆の
リクエストを受けたので、座敷などでなく、
載せたお店を敢えて選択してみました(笑)。




















看板が新しくなっているにも拘らず、
ツッコミ所は外からも満載なんですが、
生ホッピーが追加されたのが確認出来ます。
が、切れて生ホッピになっています(笑)。




















当然、僕は生ホッピー(280円)の一択。




















が、みんな乗ってこず、結果この様に(泣)。




















まぁ、氷が入っていたり、突っ込む所は
多いんですが、そこは敢えてスルーします。
で、何にしようかな・・・で独特な店内。




















まず、すぐ来そうなポテトサラダ(150円)。




















続けて、揚げ物系でハムカツ(250円)。




















結構、こんがりでしたが意外にイケます。
焼きウインナ(250円)を注文するも、
ウインナーじゃないんだ、とは面倒なので
突っ込みませんし、触れません。




















合間に、引き続き生ホッピーを重ねながら
焼きビーフン(250円)も追加します。
こっちは伸びるのね、とは突っ込まないこと。  




















わお、思ったよりデカイのが来ました!!
酒に合う感じでお値段以上ニトリな品でした。
で、またあの法則が・・・な品物、
チズオムレツ(250円)も頼んでみます。




















この辺から思った以上にお腹が一杯になり、
飲み中心で、軽めなメニューを探し、
そら豆(150円)を頼んだんですがこの量。




















気にしません。今度は新ぎんなん(250円)。




















以下同文。で、最後はエビセン(150円)に。


すごいなぁ、タイ料理のお店ならお通しにして
もっと高い金額取るところも実際あるのに。
各自何杯飲んだかとかは覚えていないんですが、
合計は4820円と相変わらずの楽園でした。