2021年11月17日水曜日

鹿児島ルーツの俵型餃子

昨年オープンした際には、鹿児島に本店がある

ラーメンが主軸にて餃子はなかったんですが、

1年経って今年3月に移転し業態も餃子メインに。





















11時から通し営業なのでちょい飲みに便利。





















独特の名称は、店長がハゲる程悩み悩んで

作り上げたという品。まずはその前に・・・





















レモンサワー(390円)で飲りつつメイン待ち。





















が、時間を要すのでおつまみメンマ(250円)。





















その間、餃子の食し方を熟読して準備します。





















餃子の前に、大根おろしを添えたニンニク醤油が

供されて期待が高まります。そして来ました!





















店名の餃子・3ケ(320円)。他に6・8ケも。

少なめにしたのは店員さんが「大きいですよ」と

言うので様子見で。見た目はホワイト餃子?な

感じですが、食感は全くそれとは異なります。





















色んなタイプで食してみましたが、豚味噌は

餃子よりご飯を欲してしまい追加を悩むも(笑)、

我慢してお新香をツマミにしながら完食です。





















お会計は最後で960円。後々調べたら某有名な

つけめん店などを擁するグループ会社の傘下に

入ったことで、この店舗のあった場所も元々は

別のラーメン店が入っていた模様。門外漢ですが。