2021年10月13日水曜日

東京ローカルからし焼で昼呑み

駅前が再開発ですっかり変わり果てるも、

1964年から続く、こちらは変わらず営業。

とはいえ、立ち退きも予定されているそう。





















このエリアでのローカル・フードと言える

からし焼の名店です。店名は1957年の

映画から名付けられ、お隣の風情ある朽ちた

酒屋さんも気になりつ入店すると意外や、

綺麗なL字型のカウンターに改装済でした。





















定食メインな感じでのラインナップです。

そういえば、このエリアの有名商店街の

入口に位置していた食堂は惜しくも閉店。






















さて、こちらはランチ民を横目に昼呑み。

まず、レモンサワー(350円)にて乾杯!





















周りは100%な感じでからし焼定食を注文。

が、気にせず単品でマカロニサラダ(200円)。






















続けて、もつ煮込み(350円)を注文します。






















いい感じ。そして本丸、からし焼(650円)が。





















大きめの皿に盛られ、運ばれてきた瞬間に

強烈なニンニク臭が! 初体験となる飲友は、

どんな品が来るか妄想するも予想に反する品、

しかしながら一口食べたらパラダイスで笑顔。

「ご飯欲しいですね。タレ持って帰りたい」と

当然な感想をゲットしたので、「それは次回、

個人で来た際に」と諭して完食。きゅうりが

いいアクセントですね。こちら発祥の店から

レシピを受け継いだ唯一のお店とのことなので

改めて今度本家に連れて行く約束をしお会計。

1900円で、東京のローカル・フードを満喫!!